Baur

日本庭園

日本庭園

 

18世紀の日本の灯籠を生かす空間を造る―

見学者が立ち入ることのできない1階テラスに、庭園が造成された。1階展示室の窓やテラスに面した両開きのガラス窓など、さまざまな視点から見えるように計画されている。2階の展示室からの眺めは、日本列島の鳥瞰図のようである。

この庭園は地下展示室の上に造られているため、必然的に小石で水を描き出す「枯山水」となった。

禅の影響を受けたこのような庭園では、石組がさまざまなものを表すが、ここでもそうした表現が取り入れられている。

縦に配された3つの石は仏教の三尊仏を表す。枯山水の7割に見られる石組みで、邪気から屋敷を守っている。力強い構成を成す9つの石は、荒波に洗われる絶壁海岸を連想させる。5つの石は鶴島をなし、そのうち斜めに置かれた2つの石が広げた鶴の羽を、他の3つの石が首、胴体そして尾を表している。庭園左には亀島があり、亀の甲、頭とひれが見られる。その傍に横たわる小さな石は小亀である。そして、他と離れた位置に置かれた岩は、それ一つで太平洋の底からそそり立つ日本列島を象徴している。

バウアー・ファンデーション東洋美術館の庭園に使われた20の石は、いずれもオー・ヴァレ地方産のものである。

幅15m奥行5mの庭園は、旅、空想、気晴らしに適した空間となっている。