Baur

バウアー財団東洋美術館

中国・日本の美術品およそ9000点を有するバウアー財団東洋美術館のコレクションは、19世紀末の瀟洒な邸宅に収められている。スイス人の美術品コレクター、アルフレッド・バウアー(1865-1951)は、8世紀から19世紀にかけての中国王朝の陶磁器、玉器、鼻煙壺、そして日本の陶磁器、漆器、浮世絵、根付や刀の装飾品といった美術品の見事なコレクションを築き上げた。1995年以降、中国の古い漆器類や輸出用陶磁器、中国、日本の織物、茶の湯に関する多数のコレクションを中心とした寄贈によって当館の収蔵品はさらに充実し、東洋美術に関してはスイスで一般公開されている中で最大のコレクションとなっている。特別展も年に数回企画されている。